杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > Black Fridayが中国へ アリババとアマゾンが対抗

Black Fridayが中国へ アリババとアマゾンが対抗

「ダブル11」(11月11日)のショッピングイベントが終わってからわずか半月ほどで、「海淘族(中国のネット上で海外の通販サイトを利用し、直接的に商品を購入する消費者)」にとってうれしい知らせがきた。アマゾンは11月30日に「ブラックフライデー」(米国で年末商戦がスタートする日)のショッピングイベントを初めてうち出し、今年の「ダブル11」で試運営した「アマゾン海外通販店舗」を正式にオープンした。一方、電子取引大手アリババは決済サービス「支付宝」(アリペイ)の海外ショッピング機能を利用して、米国の4大デパートと連携して、ブラックフライデーのイベント期間に中国国内の消費者向けのショッピングイベントを行った。
「支付宝」は11月24日から12月1日までの期間中に総額6千万元(11億5800万円:1元は約19.3円)の「紅包(ネットショップで使えるギフト券)」のプレゼントを行った。中国の消費者は天猫国際、淘宝(タオバオ)全球購、一淘海淘などのアリババ系海外通販プラットフォームで商品を買うことができる。また11月24日から、メイシーズ、ブルーミングデールズなどを含む米国の4大デパートで支付宝の海外通販サービスが始まり、各店舗のショッピングページもオープンした。商品には人民元価格が自動的に表示され、支付宝での支払いが可能で、商品は直接中国へ送ることができる。消費者は支付宝の海外通販ページで身分証明書の情報を送信すれば、通関手続きを済ませることができる。
アマゾンの海外通販店舗は100を超える世界的ブランドの商品3万5千種類が70%割引で売り出され、中国の消費者は80万種類近い世界の商品を自由に買えるようになり、米国のブラックフライデーと同じ品質、同じ価格の商品を選べるようになった。
 今回の海外通販商戦は「ダブル11」より遥かにおよばないとも指摘されたが、現在の海外通販は商品のラインナップの増加、物流配送の時間の短縮、返品や交換などのアフターサービスの面で改善の余地があり、まだたくさんの伸びしろがある。これからの海外通販商戦が熱い。
(12/1 人民網)  


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。