杭州天気 PM2.5

HOME > 杭州を遊ぶ > 観光地 > 雷峰塔

雷峰塔


  「雷峰塔」は七層八角、高さ70mで、五代呉越の975年に国王・黄妃の子供が生まれた際祝うために建てられたため「黄妃塔」と呼ばれていたそうだ。949年後の1924年についに倒壊してしまった。現在の塔は2002年に修復・復元され、雷峰丘の上に建てられたことから「雷峰塔」と呼ばれるようになったそうだ。また、西湖の東岸から眺めると夕日が雷峰丘塔)を照らしてるように見えることから「雷峰夕照」と呼ばれ、西湖十景の中の一つでもある。






ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。