杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 12月に4軒の複合商業施設が一斉オープン

12月に4軒の複合商業施設が一斉オープン

12月に4軒の複合商業施設が一斉にオープンした。12月12日に石祥路と杭行路の交差点にある「万達広場」、文一路と万塘路の交差点にある「Mr.BOX集盒」が開業。「万達広場」は万達百貨と物美スーパーが出店しており、その他、万達影城(映画館)、木馬王国(子供用の遊び場)、ゲームセンター、KTVなどの娯楽施設も充実している。飲食店の比率は約35%で、杭州の地元ブランドの外婆家の他、杭州初登場の外地の飲食ブランドも揃っている。「Mr.BOX集盒」は杭州で初めてのコンテナをテーマとする商業施設で、他の商業施設と異なっている。「Mr.BOX集盒」は大胆にコンテナボックスのデザインをテーマとし、ありふれた面白みのない室内配置、ディスプレイスペースを打ち破り、芸術的要素、複雑な多文化要素を取り入れた個性的で、おしゃれな建築物だ。地下1階、地上5階の6階建ての建物で、その中身も今までの商業施設と少し異なり、個性に富んだ様々な店が揃っている。
 銭江小商品市場の隣にある「水晶城」は12月28日にオープン。コミュニティ型モールと位置づけ、主に周辺住民をターゲット顧客とする。これほどの人口が密集する地域に大規模な商業施設がなかったという空白を埋めることとなった。これにより杭州7つ目の店舗となる国際ファストファッションブランドH&Mが初めて城北に登場。2000平方メートルの面積で杭州最大の旗艦店となる。そして、万達影院IMAX映画館も導入し、巨大IMAXスクリーンを有する3つ目の映画館となる。さらに、銀楽迪KTV、2000平方メートルの新華書店、子供用施設「神採飛揚」もある。飲食では外婆家およびその傘下の炉魚、杭州老舗飲食ブランド――花中城、他にも韓国料理、日本料理、香港料理、台湾料理なども楽しめる。
 東新路と石祥路にある中大銀泰城は12月31日から試営業に入る。国際ファストファッションブランドのGAP、日本のブランドのユニクロが出店する予定。飲食店の比率は30~40%で、新白鹿、炉魚、食之秘、八色焼肉韓国料理、美泰タイ料理が出店し、フランス料理の「戈雅レストラン」もショッピングモール初登場。その他には、海上国際影城(映画館)、音波KTV、孩子王(全国最大ベビー用品ショッピングセンター)、神採飛揚(室内遊び場)もある。
(12/12 毎日商報) 


ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。