杭州天気 PM2.5

HOME > 編集部のつぶやき > 三潭印月

三潭印月


 みなさん、こんにちは。編集Tです。
 今回は西湖に浮かぶ最大の島、三潭印月について紹介します。三潭印月は西湖十景の一つで、湖心亭、阮公とともに西湖三島の一つです。島の外は湖ですが、島の中にも湖があり、南北に九曲橋、東西に堤が通っているので、上空から見ると「田」の字のように見えます。面積は6万平方メートル、「三潭映月」とも呼ばれています。特に中秋節の時期に空中、水中そして塔の中に映し出され、上下に鑑賞できる月が訪れる人を楽しませるとのこと。
 では、以下写真です。

 一公園のチケット売り場。二公園、五公園、六公園、少年宮でもチケット売り場があります。ちなみに私は六公園でチケット購入、乗船をしました。帰りは湖浜方面の船に乗って、
 一公園に到着。(六公園に行きたかったのですが、細かく行き先を指定できないようです)

チケットは70元です。(三潭門チケット20元も含まれます)

船の中です。

島に向かう途中、ガイドさんより、島の概要の説明がされます。中国語ですので良く分かりませんでした・・・。

船のすれ違いざまに、お互いに負け時とシャッターの応酬! 船の接近はテンションが上がります。

三潭印月に上陸! 島から雷峰塔がよく見えます。以下、島の中の写真です。



 島は全体が庭園のようになっています。北宋風の建築物と緑、湖の調和が取れた景観はとても美しいです。「週末は世界遺産“西湖”で過ごす」杭州在住人の特権ではないでしょうか。 しかし・・・、観光客が多すぎて、赴きに欠けるのがちょっと残念。個人的には静寂の中でゆっくりと庭園と向き合いたかったという思いが残りました。
 また、今回はお昼に行ったので、次回は夜の月が出ているときにもう一度行ってみたいと思います。          
 (2015-4-20)
 



ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。