杭州天気 PM2.5

HOME > ニュース・イベント > 京杭大運河とシルクロード 世界文化遺産に登録

京杭大運河とシルクロード 世界文化遺産に登録

6月22日、カタールの首都ドーハで開催された第38回世界遺産委員会は中国が申請した京杭大運河の世界文化遺産登録を決めた。また、中国とカザフスタン、キルギスが協力して申請したシルクロードの世界文化遺産登録も決まった。これで、中国の世界遺産登録数はイタリアに次ぐ世界2位の47件となった。
京杭大運河は、中国の北京から杭州までを結ぶ、総延長2500キロメートルに及ぶ大運河で、現存する世界最長の人口の運河だ。世界遺産の対象となった大運河の全長は1011キロメートルで、中国の2直轄市、6省、25の地方都市を流れている。
一方のシルクロードは、中国、ハザクスタン、キルギスの3カ国を通っているため、3カ国が共同で申請し、登録に成功した初めてのケースとなった。世界遺産の対象となったのは上記3カ国にわたる約5000キロメートルの部分。この区域には計33カ所の遺跡や古い建築がある。
(6/23 杭州網)



ホームページに戻す登録後、資料のダウンロードなどの操作を行う。